告別式のマナー

告別式とは何ですか?の写真

告別式とは何ですか?

葬儀とは、人の死を悼むために行われる宗教的な儀式のことです。葬儀とは、人の死を悼むために行われる宗教的な儀式のことです。お通夜は亡くなった当日または翌日の夜に行われ、お通夜の翌日に行われる儀式を葬儀または告別式と呼びます。現在、葬儀と告別式は一緒にされて混同されることが多いのですが、葬儀と告別式は意味合いが異なります。葬儀は宗教的な儀式であり、仏式では故人に仏の弟子としての戒律を与え、浄土に導くという意味があります。一方、告別式は、社会的な儀式です。死を公に知らせ、この世の関係で故人と親しかった人たちの最後のお別れをするものです。葬儀とは異なり、宗教的な意味合いはない。

かつては、葬儀が終わると、人々は遺体を行列に乗せて、墓地のある寺院や火葬場に送った。これを野辺送りといいますが、現在の告別式はそれに代わるものです。したがって、告別式は本来、葬儀の後に行われるものである。このように、もともと告別式は葬儀の後に行われていたので、参列者は葬儀の最中に焼香を始め、短時間で双方の儀式を終えることができたのです。しかし、本来、遺族が故人への思いに集中するための葬儀と、参列者への感謝の気持ちを伝えるための告別式では、考え方が全く異なります。そんなことを考えながら、葬儀や告別式について考えてみたいと思います。

葬儀には地域によって、通夜・葬儀の後、火葬の前に行うものと、先に火葬をしてから葬儀・告別式を行うものがあります。江戸時代(1603〜1868)には、故人の自宅で通夜を行い、出棺後に葬列を組んで寺や墓地に向かい、僧侶が読経して葬列を先導し、埋葬を行っていた。

現在ではほとんど見られないが、かつては地域の人々が列を作って遺体を墓地や火葬場まで運んだ。また、家族や親戚ではなくても、同じ村の住民として故人と社会的なつながりがある人たちも、遺体を墓地に送ることで弔いに参加した。告別式には宗教者は参加しなかった。それは、生前に故人と関係のあった人々が最後のお別れをする場所だからである。この世とあの世をつなぐ存在は必要ないのである。告別式は、神や仏に死後の平安を祈るものではなく、目の前に横たわる故人に言葉をかけるものなのである。

通夜式は準通夜式となり、一般の方は通夜式だけに参加することが多くなっています。葬儀と告別式は一体化しており、それぞれに本来の意味がありますが、昼間に行われる告別式に出席することが難しくなり、その結果、お別れの場としての告別式の機能が通夜に移ってきたのです。

葬儀 越谷
葬儀や家族葬を越谷市でするなら安くて豪華な葬儀を行える葬儀社グランドセレモニーがよいでしょう。